クレジットカードを作ると勤務先に連絡されてしまうのか?

MENU

勤め先確認の電話連絡が不安な方・・・

 

新しくクレジットカードを発行するには、申込み後の審査にパスできなければなりません。

 

クレジットカードの入会審査では、申込み際に記入したご自分の住所や職種、収入を元にしながら「カードを発行出来るか?」、「利用限度額はどれぐらいに設けるか?」を判定していきます。

 

審査の中で、あなた自身が借入申込に記載している会社に間違いなく就業しているかどうかを把握する為にの、在籍確認(会社で勤務しているかどうかの本人確認)狙いで、ご自分の仕事場に電話をかけられるケースが想定されます。

 

とはいえ、「誰だって自身の職場に電話をかけられるのは嫌」なものですよね。
そんな時に、クレジットカードの審査で仕事先に電話されるのかどうかにつきまして、詳しく調査してみました。

勤務先への電話において覚えておきたいポイント

クレジットカードの審査で勤務先に電話される場合に、覚えておきたい箇所は以下になります。

 

カード業者は個人名で電話をかける

 

勤務先に電話される場合でも、審査アドバイザーは自分達がカード会社の人物なのだという点を告げません。

 

元カード会社の社員の情報によれば、電話の在籍確認で長々と会話はしません。

 

会社に在籍しているか、それを一言確認するだけだと言えます。
『○○さんいらっしゃいますか?』。

 

たったこれだけで済みますね。

 

当人のみにしかカード業者なのだという事は告げません。実際のところは個人名などで名乗ります。
ご自分さんが電話応対出来ないケースだとしても、勤務先の返事で会社に在籍していらっしゃるか把握できるでしょう。

 

その他のに何か伺ったりなんてことはまずございません。(個人情報に当たるため)
当人に繋がった際も、在籍確認だけだと言えますので直ぐ済みます。

 

「◯◯なんですが◯◯さんいらっしゃいますか?」みたいに、個人名で電話をかけるので、職場の電話を対応された者も、それがカード審査の在籍確認なのかどうか知りえません。

 

この部分については、カード会社も一応申込者のプライバシーに注意して取り組んでいる為に心配はいりません。

 

在籍確認は拒否することが出来ない?

 

貴方が仮に勤務先に電話されたくなくても、クレジットカード会社も審査の上で行わなければならない手続きの一環 となっており、在籍確認の電話を拒否することは無理でしょう。

 

しかし。

近年では電話による在籍確認は少なくなったのです!!

 

以前だと職場にガンガン電話をかけて在籍確認をしていたカード会社ですが、昨今では在籍確認をする企業は少なくなり、ほぼ職場には電話されないと考えて構いません。

 

クチコミの結果では、ビザ、マスター、JCBのクレジットカードを発行した経験からいうと、自分の場合は職場に確認の電話がきたことはありません。

 

やはり、調査ファクターで、ほとんど無職であったり、過去に事故の履歴などがあった場合や、初めて、クレジットカードを作成する際などのケース以外であれば安心してよいと思います。