消費者金融で借入すると住宅ローンの審査に通りにくくなる?

MENU

消費者金融で借入すると住宅ローンの審査にどう影響するのでしょうか?

 
消費者金融でキャッシングやローンの利用をすると、信用情報に登録されます。借入と返済を一度の滞納もなく繰り返して利用していけば信用情報にその旨が登録されれば、クレジットカード同様に信用がつくと言われています。
しかし本当にそう言い切れるでしょうか?

消費者金融でキャッシングやローンを申し込むと融資限度額を指定されます。その範囲内であれば何度でも繰り返し借り続けることができます。

これがカードローンの利点なのですが、住宅ローンの審査をする上では非常に不安要素になります。

カードローンは借りようとすれば借りることができますが、金融機関としては住宅ローン利用者の心の中まで知ることはできません。つまり「借りることができるのであれば」借りているとみなされてしまうのです。

 

最近は、消費者金融のカードローン最高利用限度額は非常に高額です。プロミスは500万円、アコムやモビットは800万円です。信用があればどんどん利用限度額は高くなりますが、最高限度額を借りた場合の月々の返済額は決して少額ではありません。

 

しかし、モビットで800万借りた場合の約定返済額は16万6千円です。実際に借りているかどうかは別として、場合によってはこれだけの支払額が発生するわけです。

 

住宅ローンを申し込むとカートローンの有無を聞かれます。そして契約していると答えると、住宅ローンの契約は厳しいということになるか、カードローンを解約してくださいと言われることが多いです、審査をする上で大きな障害になるためです。

 

こういう場合、カードローンをすぐに解約できればよいのですが、お金を借りているのであれば銀行のローンは厳しくなるでしょう。ですが、借りれる枠があるだけで実際には借入れを行っていないという方は、すぐにその会社に連絡をして、カードローンの枠を解約する手続きを取るべきです。これはクレジットカードのキャッシング枠でも同じです。尚クレジットカードのショッピングに関しては問題ありません。

 

また、銀行の審査担当者の中には消費者金融を利用している人はお金の使い方がルーズだと考えている人が案外多いです。計画的に生活をしていればそのようなことはないはずだというわけです。大手の消費者金融は銀行傘下のところが多いです。ですが、銀行側からすれば別物と捉えているようです。

結局、消費者金融のキャッシングやカードローンを利用していると審査に通り難くなるわけです。