キャッシングの勤続年数で嘘をついたらどうなる?

MENU

消費者金融でキャッシングをする際に必ずある勤続年数の審査・・・

 

新入社員や転職したばかり、あるいはバイト先、派遣先が変わったばかりなど勤続年数が短い場合、どうしても少々の嘘をついてしまいたくなりますよね・・・

 

どうせ金融会社はそこまで調べないだろう・・・そう思ってしまいがちです。

 

結果からいうと・・・

 

正直、嘘をついてもバレない場合があります。

 

しかし、信用調査のデータベースを検証されるので、バレるケースもありますので、多少の個人差があります。

 

大幅に嘘をつかなければセーフともいえます。

 

ですが、実際はそんなに勤続年数はキャッシングの融資審査において重要視されていません。

 

それよりも、借入履歴で遅延などがあったり、他社借入件数が多かったり、自分の年収の1/3以上借入していて総量規制にひっかかっている、など、そういった事故履歴やブラックなどではないか?のほうが重要視されます。

 

ひとまず、
目安としては、年収が200万円以上、勤続年数が2年以上あるとほぼ安心といえます。これはアルバイトでもパートでも水商売でも、正社員でも変わりません。

 

そして、
借入審査は、3社落ちてしまうとしばらくは厳しいですが、1社くらいなら落ちても諦める必要はありません。

 

キャッシングおすすめ情報

 
アルバイトや派遣社員、主婦でも借りれる消費者金融をお探しの方にオススメなのが、プロミスとアコムです!

 

 

派遣社員だから審査に通るかどうかが不安、必要な書類を用意したくても手間と時間がかかり、消費者金融に行くにもどこを選んでいいか分からない、など少し不安を持っている方にも便利にご利用頂けるよう来店不要でご自宅に居ながら携帯やパソコンで検索、審査ができ、審査結果もすぐにメールでお送り致しますので即日融資可能です。

 

派遣の方の場合でも勤務先確認の電話連絡をなしにしてもらうことは可能ではありますが、もし、在籍確認の電話がかかってくるとしたらどうなるのでしょうか?派遣会社に電話がかかってきますが、消費者金融を名乗ってかけてくることはありません。担当者の個人名でかけてくるので、派遣会社のほうにもバレないように配慮してくれるので安心です。

 

派遣社員やパート、アルバイトの方でも一定の収入があればどなたでもご利用に頂けます。キャッシングは全国どこのATM、コンビニでは24時間ご利用できるようになっており、ご融資、ご返済時の手数料も一切かからないのでいざという時の為にキャッシング機能があるカードを一枚持っていれば旅先などでも安心してご利用頂けると思いますのでこの機会にぜひご活用になられてはいかかですか?